Tour

&Co

仲間の意見を尊重・共感し
プロダクトを通して協働・共造し
業界の在り方を共創していく

  • 開発
  • プロダクト戦略
  • セールス
  • コーポレート

Section 01 開発グループ

建設業DXアプリ「SPIDER PLUS」を中心として、様々な業界向けのプロダクト開発を行います

対象部署
開発

Point 01 プロダクトドリブンな事業戦略

会社の成長戦略としてエンジニア組織の強化拡大に最注力しています。プロダクトの成長=事業成長に直結するため、よりプロダクトのグロースを実感することができます。

Point 02 市場へのインパクトが大きい

スパイダープラスは、日本における市場規模60兆円超、全労働者の7%超が関わる巨大な産業である建設業のDX化を推進するプロダクトです。建設業の変革は社会的なインパクトが大きく、社会貢献度の高いプロダクト開発に携われます。

Point 03 市場価値の高いエンジニアへの
キャリアパスが可能

開発Gのエンジニア評価制度は、社内評価だけでなく外部の人材エージェントからの客観的な評価も加味します。社内評価を市場評価に連動させることで、市場価値の高いエンジニアへのキャリアパスを描くことができます。

Interview
この部署のメンバーのインタビュー記事

池田 有冬
開発/エンジニア

ユーザーからのダイレクトな反応が、スキルを伸ばす

read more

平野 裕大
開発/エンジニア

本質的に必要なのは何かを見極めて提案する

read more

椎名 英明
開発/エンジニア

真摯に開発に取り組み、高品質なプロダクトを作り会社をより大きく成長させる

read more

Section 02 プロダクト戦略グループ

市場の動向やお客様からの声をもとに、どんなプロダクトやサービスを開発し、どうやって販売するかを考えるスパイダープラスの頭脳ともいえる部門です

対象部署
プロダクト戦略

Point 01 建設業界変革への挑戦

現状の図面管理や検査機能だけでなく、建設業界のプロセス全体のDX化に挑戦しています。

Point 02 他の業界への水平展開に挑戦

プラント建設や不動産業への展開など、建設業以外の分野への水平展開しています。プロダクト戦略グループは様々な新規事業へ挑戦しています

Point 03 プロダクトの改善に寄与する
サポート体制の構築

急激なユーザー数増加に伴い、顧客からのご要望も多様になっています。サポートメンバーは日々の利用支援だけでなく、顧客の声を開発へ届け、プロダクトの改善に寄与しています

Interview
この部署のメンバーのインタビュー記事

北野 哲
プロダクト戦略/海外アライアンス

働き方改革へのプランニングを提供する

read more

三浦 慶介
プロダクト戦略/CMO

ユーザーを見てプロダクトの品質を追求し続ける

read more

Section 03 セールスグループ

建設業DXアプリ「SPIDER PLUS」の提案から導入、運用支援を行い、建設会社の変革を支援します

対象部署
営業(インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス)

Point 01 顧客満足度の高い商材

顧客と共に作ってきたプロダクトのため、顧客からの反応が良く満足度・継続率が非常に高いことが特徴です。

Point 02 専門性の高さ

営業組織は、インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスの3つの部門で分業しています。そのため、高い専門性を身につけることができます。

Point 03 入社後の手厚いフォロー

業界や商品理解の研修、ロープレ、商談同行等、入社後の8週間程度はトレーニングを積んでいただきます。業界の知見がない方でもしっかり活躍できるようサポートいたします。

Interview
この部署のメンバーのインタビュー記事

小野 修平
セールス/東日本営業部

綿密なコミュニケーションで信頼関係を構築していく

read more

古川 莉紗子
セールス/フィールドセールス

建設業界を駆け巡り、課題解決に奮闘する喜び

read more

深澤 英一
セールス/営業推進部

人と人、自部署と他部署、社内と社外をつなぐ

read more

今井 彩加
セールス/カスタマーサクセス

現場の人たちの状況や気持ちを想像し日々の業務に真摯に向き合い続けていく

read more

Section 04 コーポレート部門

企業事業を長く反映させるための社内の仕組みをつくり、支えています

対象部署
HR、CB、IR、管理本部

Point 01 組織の仕組みづくりから参画

取引先数が急増につき、請求書対応やシステム化等それに耐えうる仕組みづくりができる

Point 02 フラットな社風

役職問わずフランクに話しかける文化です。提案や実行などもスムーズに進められ、さまざまな人材がいるため自身の知識を活かしてさらに経験を積むことができます。

Point 03 未完成さを楽しめる

社内の体制がまだ未整備の部分が多く、これから成長させていくため組織文化の開発にも貢献できます。

Interview
この部署のメンバーのインタビュー記事

中島 啓太
コーポレート/情報システム部

テクノロジーで中小企業の課題を解決する

read more

藤原 悠
コーポレート/経営企画部

プロフェッショナルをマネジメントする

read more