Interview

今井さんは建設業出身ですが、当時、どんな仕事をしていたのですか?

設備・電気のサブコンストラクターで、2年ほど施工管理を担当していました。書類の作成・管理やCADで施工図を作成する事務作業、材料発注・搬入計画立案、工程管理・品質チェックなどの現場管理など、多岐にわたる業務を経験しました。

私は、とにかく建設の世界が大好きなんですよ。子どもの頃から工事現場の重機や、建物が更地から建っていく様子を見るのがすごく好きで。どうやって建物ができていくのか、最初から最後まで近くで見てみたいという好奇心から、建設業界を選んだんです。

だから、時間的拘束の長さや体力的なしんどさはあっても、仕事はとにかく楽しかったですね。日々建設が進んでいく現場に関われるのが、何よりの喜びでした。

当時の現場で、『SPIDERPLUS』を使っていたんですよね。

そうなんです。入社して初めて担当した現場で『SPIDERPLUS』に出会いました。建設現場で使う図面はA1サイズと大きく、紙を持ち運ぶのは本当に大変なんです。それがタブレット1つあれば済むので、とても助かっていました。

ところが、次に担当した現場では『SPIDERPLUS』を導入していなくて。「ないと困ります!」と上司に必死に掛け合って導入してもらいました。

営業に貢献してくれたのですね(笑)。建設の仕事にやりがいを感じていた今井さんが、転職を決めるまでにはどんな経緯があったのでしょう?

『SPIDERPLUS』導入のきっかけを作ったことで、建設現場の働き方を良くしていきたい気持ちが芽生えたんです。ただ施工管理の仕事自体は大好きだったので、まだまだ続けていきたいと思っていました。

そんなある日、『SPIDERPLUS』を利用していない現場を新たに担当することになりました。ここでも導入を検討してもらえるように力を尽くしたのですが、結局導入は見送りになってしまったんですね。この出来事を機に、自分の進むべき方向性を真剣に考えるようになりました。

私が建設業界でキャリアを全うしても、関われる現場はせいぜい数十件。そこで地道に『SPIDERPLUS』の普及活動をしても成果は微々たるものだな・・・と。だったらスパイダープラスに入って、多くの会社にサービスを広げるほうが、より大きく現場を変えられるのでは?と思うようになったんです。

建設業界をもっと良くしていきたかったからこそ、現場を離れる決断をしたのですね。

はい。『SPIDERPLUS』こそ、建設現場を変えていくために最も重要なツールだと思っていたので。何よりも、私自身が現場で使ううち、このプロダクトの熱心なファンになっていたんですよね。

Wantedlyのインタビュー記事や面談を通じて、社内文化や働く人の魅力にも触れて、「この人たちと一緒に、建設現場のデジタル化を盛り上げていきたい」という想いは一層強まっていきました。だから、内定が出たときはめちゃくちゃ嬉しかったですね!

現在の所属と業務内容について教えてください。

マーケティング部カスタマーサクセスチームに在籍しています。カスタマーサクセスは、契約後のお客様が『SPIDERPLUS』で成果を出せるように支援する6名のチームです。

具体的には、新規導入いただいた企業に使い方をお伝えする説明会の開催や、お客様の業種・規模に合わせたフォロー施策の立案・実行、プレスリリース作成・配信などを行っています。

その中でも、既存のお客様へのフォロー施策には、今後特に力を入れていきたいと考えています。例えば、新しく導入された会社や現場に個別で説明会を開催したり、会社ごとに重点を変えたマニュアルを作成したり・・・新しい取り組みも検討しながら、色々と試行中です。

施工管理の経験を今に活かせていると感じるのは、どんなときでしょう?

建設業界にいた私だからこそ任せてもらえる仕事が多くあり、日々充実しています。入社直後に、社内研修会で建設業務の概要レクチャーを担当したのもその1つですね。

また、CADの使用経験があることから、現在は『SPIDERPLUS』とCAD連携の新規機能開発にも参加しています。お客様やCADソフト会社の方との新機能の打ち合わせ時に、技術開発部だけではなかなかイメージがつかみきれない部分があるので、間に入って「現場の目線」と「スパイダープラス側の目線」を合わせる、橋渡し的な役割を担っています。

現在のお客様とかつては同じ立場にいたことも、カスタマーサクセスとしてプラスになっているのでは?

そうですね、私が建設業経験者かつサービスユーザーだったことはプラスになっていると思います。ただ、それだけで「お客様が『SPIDERPLUS』の使い方をリアルにイメージできる説明」ができるわけではないんです。

建設業といっても、様々な業種があり会社の規模も異なるので、お客様によってどんな内容を、どのように伝えたら響くかは全く違います。各機能の応用的な使い方や、他社の活用事例などゼロから学ぶことも多かったですね。

これまでの業務で、印象に残っている出来事は何ですか?

最近担当した導入企業様向けオンライン説明会で、最後に約30名の参加者の皆さんから一斉に拍手をいただいたんですよ!初めてのことだったので、すごく感動しました。

その後、「的確でわかりやすかったです。本当にありがとうございました」と改めてご連絡もくださって。「どんな内容が刺さるか」をしっかり考えた事前準備や、親近感が湧くような話し方の工夫が効果をあげたのを感じられて、大きな自信につながった出来事でした。

今後の目標を聞かせてください。

カスタマーサクセスとして、様々な業種・規模のお客様対応の経験を増やし、どんなお客様に対しても柔軟にサポートできるようになりたいですね。

「お客様視点を持つ」ってよく聞く言葉だと思うのですが、実践するのは本当に難しいですよね。それでも常に「お客様の立場だったらどう思うだろう?」と考える姿勢は、私が一番こだわっていたい部分です。暑い夏も寒い冬も、長時間外で作業に励む現場の人たちの状況や気持ちを想像することを忘れず、日々の業務に真摯に向き合い続けていきたいと思います。

また、カスタマーサクセスチームは2019年に創設された比較的新しい部門です。チームとしての基盤を構築し、様々な施策を実験的に進めているフェーズなので、積極的に意見を出し、施策の考案・実行に貢献していきたいと思っています。

入社前から抱いていた「大好きな建設現場を『SPIDERPLUS』で働きやすい環境にしていくこと」への情熱は、入社後さらに大きくなりました。今後もスパイダープラスの一員として、現場の働き方を変えるために頑張っていきます!

気になるセクションをセレクト