Interview

小林さんは市役所で都市開発をされていたと聞きました。どんなお仕事をされてきたのですか?

大阪市役所には15年ほど在籍しました。まず最初に道路の補修に関わる仕事を経験し、その後、都市計画に関する仕事に携わりました。
一番印象的だった仕事は、市内で新しく高速道路を作るという大きなプロジェクトです。私はプロジェクト推進を担当し、用地買収から建設計画のスケジュールの具体化、関係者への説明会の企画、市民の皆さんの相談対応など、多種多様な事案に対応していました。

相当ストレスフルなお仕事ですね・・・

正直大変ではありましたが、ようやく現場着工ができたときは、プロジェクト推進力に自信がつきましたね。しかも、自分自身の価値観を変えるほど印象的だった、市民の方々との出会いもありました。

小林 誠治

どんな方と出会ったんですか?

高速道路を作る際に出会った経営者の方です。その方々は、自身で立ち上げて経営しているからこそ、自分の事業に愛着と誇りを持っていて、逆にその姿は私にかっこよく見え、憧れを感じました。ちょうどその頃、市役所での活動に疑問を感じていて、市役所で15年積み重ねた自分の能力は、世間でどのくらいの価値があるのか試してみたくなり、転職を決意しました。

転職活動をする中で、レゴリス(現S+)を選んだポイントは何だったんでしょうか?

市役所での業務において工事現場での情報共有・申請などはアナログな対応で細かい作業が多く、私自身もっと効率よくできないものかと思っていました。転職活動をしている中でレゴリスの存在を知り、「SPIDERPLUS」に未来を感じたと同時に、その中で自分の力を信じてトライしてみたい、憧れている経営者の方々のように自分もやり抜きたいという想いが強くなりました。当時はまだ50人程度の小さな組織でしたが、ITの力で建設業を盛り上げていこうという気概や、面接をしてくれた方の熱意が伝わってきたこともあり、入社を決めました。

入社して最初はどんなお仕事を?

営業職として2年間「SPIDERPLUS」のユーザーを増やす活動を行っていました。その当時は、これから営業戦略を強化していこうという時期で、メンバーで営業方法やトークを考えたり、セールスフォースを使って属人的な営業からの脱却を模索したりしている時期でもありました。そんな仕組み作りと並行して、「このサービスは誰に伝えると喜んでもらえるか」を考え、ターゲットに対して営業を行っていました。

営業活動されているときに、重要視した部分は何ですか?

市役所の時代からもそうでしたが、「その人の立場になって考える」ことです。その仕事で今何を欲しているのか、課題となっている部分は何かなど、相手の気持ちや立場に立って「SPIDERPLUS」だったら何ができるかをしっかり考えて提案していました。顧客は建設現場に何かしらの課題を抱えているからこそ私と面談してくれるのです。まずは商品を売り込むことより、困りごとを聞いていくことを心掛けていました。営業数字をバンバン伸ばしていくよりも、「SPIDERPLUS」のおかげで仕事が楽になった』、という声を増やすことに注力していましたね。

小林 誠治

顧客に寄り添った提案方法なんですね。

そうですね。逆に顧客からヒントをいただくことも多くあります。「『SPIDERPLUS』にこの機能があればもっと楽になる」、「この操作をもっと簡単​​にしてほしい」という声を聞く度にもっと現場に寄り添って「働くことが楽しくなるツールを作っていきたい」という思いが強くなり、プロダクト開発に携われるディレクターへの転身を決め、この度異動しました。

ディレクターとしての小林さんの強みは何ですか?

営業として顧客から「SPIDERPLUS」の機能について直接、具体的なフィードバックを受けていた経験があるからこその知見が役に立っていると思います。こういうシーンではもう1つ便利な機能が欲しいんじゃないか、この場面ではもっと自由に動いた方がいいんじゃないか、というのが鮮明に見えてくるんです。

小林 誠治

経営者・管理職・現場、それぞれの立場によって異なる課題があるのが会社です。今回携わるリニューアルにおいて私のミッションは、各セクションのユーザーが使っている姿をイメージしながら、またそこから上がってくる声を活かしつつ、必要な機能を取捨選択しながら盛り込むことです。要望の全てを聞く御用聞きではなく、開発チームと協議しつつ必要性の高い機能から実装し迅速にユーザーのもとに届ける。それがS+のディレクターに求められていることだと思います。
たとえばA社とB社がそれぞれ別の機能を要求しているけど、よく話を分解してみると実は悩んでいるところは同じ部分だったということがよくあります。ユーザーの困っている部分をしっかりと見抜いて、最適な仕様に整えるのも重要な仕事だと思っています。

S+のディレクターにとって必要なことや大事なことはなんですか?またどういう方がマッチすると思いますか?

ディレクターとして、大事なことは「やり抜くこと」だと思っています。先ほどお話した通り、我々はユーザーからの要求に対して単純に応えるのではなく、実際に「SPIDERPLUS」が利用される現場のイメージを膨らませて、よりよい環境を構築していくことを目指しています。それを実現するためには、やり抜く力が必要だと思っています。
またS+のディレクターの裁量は大きく、導入すべき機能があれば自分の権限で実装することも可能で、それは重責です。その責任を担うことにやりがいを感じられる方がS+のディレクターに合っていると思います。

最後に、この記事を読んでいる方にひとことお願いします。

S+は今、事業も組織もものすごいスピードで成長をしています。そのスピードを楽しんでいくぐらいのポジティブな気持ちを持つメンバー、本気で「建設業を良くしていきたい」という熱い想いがあるメンバーが増えてきています。そのメンバー全員からの期待を背負ってSPIDERPLUSをより良いサービスにするディレクター職はとても魅力のある仕事だと思っています。今回のディレクター募集は、ディレクター経験者だけでなく、私のような建設現場の経験がある方にもチャレンジしてもらいたいと思っています。この記事を読んで少しでもご興味をお持ちいただいた方、ぜひご応募ください!

小林 誠治
気になるセクションをセレクト